<スポンサードリンク>

2008年06月11日

足痩せ方法のいろいろ

足痩せ、いつも気にしているのですが、夏が近くなってくると、特に自分の脚について気になっちゃいますよね。
暑くなるとどうしても脚を見せる服を着ることが多くなるし、海やプールへ出かけると水着を着るのでどうしても脚が気になります。
きれいな美脚なら自身を持って脚を出せるんですけどね。

そこで「足痩せするぞ!」と今年は決心。
足痩せ方法についてちょっと調べてみました。

まず思い浮かぶのは足痩せマッサージです。
小顔マッサージとしてリンパマッサージという方法があるのはご存知だと思いますが、このリンパマッサージは足痩せにも効果があるとのこと。
リンパは白い血液とも呼ばれていますが、足痩せリンパマッサージはリンパ液の流れを正常にしてリンパ節へ流し、脚のむくみを取っていくことで足痩せを実現させる方法となります。
足のリンパ節は股関節や膝の裏など、骨と骨のつなぎ目あたりにあります。

リンパ液の働きとしては、体内の老廃物を運んで体外に排出するのですが、この流れが悪くなると血液の流れも悪くなり、結果的にカラダのむくみをもたらします。
このむくみを解消しないままでおくと、足が太くなってしまう一因となります。

エステティックサロンやアロマサロンなどの「足痩せコース」も、基本的にこのリンパマッサージを用いての足痩せが多いです。
エステティックサロン等での足痩せは料金がちょっと高額のところもありますが、「低料金足痩せ体験」や「無料足痩せ体験」などを行っているところもありますので、利用してみるのも一つの方法です。

ですが、お金をかけたくない、エステに行く時間もないという方は、自宅でお風呂に入るついでに自分できますのでチャレンジしてみては。
私も、自宅で足痩せ派です(^^

足痩せをするにはマッサージでの方法もありますが、食事習慣や生活習慣を改善するこで体内から足痩せに導くという考え方も大切です。
具体的にいうと身体を冷やさないようにするということになります。
人間の体は冷えると血行が悪くなり、脂肪燃焼効率も低下し、脂肪をつけて身体の熱を逃がさないように守ろうとして、脂肪を蓄えるようになります。イコール太ってしまうという結果になります。

ですから、あたたかい食べ物などを摂ること、適度な運動をすることで体温を上げて、脂肪を燃焼するクセを自分の体につけるとよいです。
結果、体全体のダイエットとともに足痩せ効果ももたらします。

夏になるとオフィスなど冷房が極度に効いているところでは、肌をあまり露出しないような服装を心がけするなどして、極力体温を下げないようにしたいものです。
また、座りっぱなしや立ちっぱなしといった同じ姿勢をずっとしていると脚のむくみの原因となりますので、ちょっとした時間をみつけて以下のような軽い運動をしてみることで、脚のむくみの解消に役立ちます。

1.手を壁に付けます。電話帳くらいの厚さの台を用意します。

2.そこに昇り、つま先立ち→戻す→つま先立ち→戻す を繰り返します。

3.これを繰り返す事により、代謝も良くなり足痩せを実現する事が出来ます。

とにかく足を動かすことが足のむくみを改善するのに一番効果的ですので、トライしてみてください。

上記の方法は、日常の中でのちょっとした運動での「足痩せ方法」の一例ですが、
「足痩せツボ」「足痩せセルライト」「太ももダイエット方法」などについて掲載していきたいと思いますので、よろしければ私と一緒に「足痩せ」にトライしてみてくださいね。




posted by 今年こそ足痩せ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 足痩せについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足痩せマッサージ(リンパマッサージ)

ここでご紹介する足痩せマッサージは、リンパマッサージによる方法です。

リンパマッサージについてご存知の方も多いと思いますが、
リンパマッサージは本場のフランスでは理学療法としても行われ、美容にも取り入れられています。
このリンパマッサージによる足痩は大きな効果を発揮します。

また、自宅でも簡単に出来るので是非トライしてみてください。
小顔目的でリンパマッサージをされている方は、足痩せも取り入れてみてくださいね。

ちなみに、リンパマッサージの効果は、小顔や足痩せだけでなく、バストアップ(豊胸)、二の腕を補足するなどの効果が期待できます。

リンパマッサージについて少しご説明しますと、
人のカラダはリンパの流れがスムーズにいってないと、身体の中に余分な水分や老廃物が溜めてしまう状態になってしまいます。

したがって、このリンパの流れが悪くなると、カラダのむくみ、肩などのコリ、痛みやたるみ、肥満、セルライト、疲労、体調不良など、カラダ全体に悪影響をもたらします。
このような症状を改善するのにリンパマッサージは効果を発揮します。

そこでリンパマッサージのやり方となるわけですが、症状や効果をもたらしたい箇所によって方法が違います。

基本的なこととして知っておきたいのは、リンパマッサージの方法として、カラダの遠いところから近いところへ、心臓から遠いところから心臓へ向かってマッサージしていきます。

ということで、足のむくみを解消するリンパマッサージによる「足痩せマッサージ」方法をご紹介しまますね。

1.足の甲を足の指の付け根から足首に向かって、指の腹で円をかくようにマッサージします。

2.次に足首から膝に向かって下から上へふくらはぎを優しくマッサージします。

基本的にこの繰り返しをします。

また、膝の裏はリンパ節になっているので、上記1・2に加えて、膝の裏を円を描くように軽くマッサージしてください。

以上のように、難しくないですし、テレビを見ながらでも出来ます。
睡眠の前にやってもよいですので、とにかく習慣ずけて継続してくださいね。

継続は力なりです。きっと足痩せ効果を実感できますよ。




posted by 今年こそ足痩せ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 足痩せマッサージ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

足痩せとセルライト除去

「セルライト」とは、脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもので、フランス語の「cellulite」が由来となっています。

セルライトは特に女性のカラダに発生しやすく、脂肪の多い部分にできやすい特徴があります。
ですから、体の中でも皮下脂肪が多い太もも・ふくらはぎ・お尻・お腹・二の腕などにできやすいということになります。

足痩せという視点から見ると、「太もも」と「ふくらはぎ」がセルライトができやすい部分ということになりますね。

したがいまして、「太もも」と「ふくらはぎ」のセルライトを除去することで、足痩せを実現させるということになります

「太もも」と「ふくらはぎ」セルライト除去には、ウォーキングをすることや入浴行後のマッサージが効果的です。
いろいろな雑誌などで取り上げられることがありますから、ご存知の方も多いのでは。

ウォーキングについてはご説明しないでも分かると思いますが、マッサージの仕方については当サイトの「足痩せマッサージ(リンパマッサージ)」をご参考になさってみて下さい。

このページでは、生活面と食事面によるセルライト除去についてご説明してみたいと思います。
「足痩せマッサージ(リンパマッサージ)と合わせて実践してみて下さい。

まず生活面でストレスがセルライトへ影響を及ぼすことに注目してみます。
現代社会に置いてストレスと無関係で生きていくことはほとんど不可能ですが、このストレスは私たち人間の自律神経の働きを乱します。
そして自律神経の乱れが原因となり、ホルモン・バランスの乱れを起こし、セルライトを生み出す原因となります。
したがって、ストレスを抱え続けるとセルライトの発生を誘発するという因果関係にあります。

対処法としては、簡単に言えばストレスを解消しましょう、ということになるのですが、具体的には、疲れを感じたら睡眠をしっかりとるなどして疲労を蓄積させないこと。
睡眠不足や休息不足はストレスがたまる原因となります。
環境によるストレスもあるかと思いますが、睡眠不足などによる身体から来るストレスは、睡眠と休息でかなり解消できますので、少なくとも身体的なストレスは解消するようにしましょう。

次に食事面によるセルライト除去ですが、
以下の食べ物がセルライト除去に効果的な食べ物となります。

・食材:じゃがいも、いんげん、トマト、きゅうり、アボガド

・理由:むくみは塩分の取りすぎが原因といわれています。塩分を対外に排出する働きがあるカリウムがたくさん含まれる食品を摂ることで水分代謝も高まるようになります。更に代謝を高めるには、ビタミンB1やタンパク質もあわせて摂るとよいでしょう。
食事全体をなるべく薄味にして塩分を抑えることも大切です。




posted by 今年こそ足痩せ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 足痩せとセルライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足痩せは「むくみ」の解消から

ぷくぷくとたっぷりの脂肪がついてしまった「太もも」、たくましそうねと言われる「ふくらはぎ」、この足を太く見せている脂肪は全て「むくみ」が原因となっているのです。

脚に脂肪が蓄積して付いてしますのは「むくみ」が原因です。
その「むくみ」の原因は、心身の疲れや冷えが原因となってできる「老廃物」です。
「老廃物」は「毒素」とも言います。

この脚にたまった「毒素」を排出することで、足痩せを実現することができます。

この「毒素」は日々たまります。
ですから、その日にたまった毒素はその日のうちに排出してしまう、これが基本です。
排出する方法の一つとして、「足痩せマッサージ(リンパマッサージ)」があります。
簡単ですし、是非、習慣にしてしまって一日一回このマッサージをしてあげてください。

「毒素」の話に戻りますが、「毒素」についてもう少し説明してみますね。
例えば、肉を冷凍庫にすると、水分が凍ってひと回り小さくなります。
この肉を加熱すると小さく肉は元に戻らずに、油や水分が出てきます。この出た油分や水分が「毒素」です。

油を多く含んだ肉はこの毒素が排出されることによってひと回り小さくなります。
人間の脚も毒素を排出すことによって細くなります。

ですから、是非、この「毒素」を排出する方法として、「足痩せマッサージ(リンパマッサージ)」をマスターして毎日の習慣にして下さい。

お金に余裕がある方はエステティックサロンなどの「足痩せマッサージ」を受けてみても良いと思いますが、自宅でも簡単にできますので、個人的にはわざわざ高い料金を支払ってエステなどに通うこともないと思います。

もちろん、エステの「足痩せマッサージ」は、足痩せだけでなく気持ちの部分もリラックスさせてくれる効果がありますので、自分で「足痩せマッサージ」をするのとは違うことも確かですが。

またエテスの「足痩せマッサージ」を受けて、そのマッサージ方法を盗むというか、勉強して自分のモノに会得しちゃえ、という考え方もありかも(笑




ラベル:むくみ 足痩せ
posted by 今年こそ足痩せ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 足痩せについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくらはぎ足痩せ 1

ふくらはぎを足痩せするには二つのアプローチの仕方があります。
それも、まったく逆のアプローチの仕方なので戸惑うかもしれませんが、
どちらも「ふくらはぎ足痩せ」をするための正しい方法なのが面白いところです。

まずは、ふくらはぎの筋肉をなるべく使わないことで「ふくらはぎ足痩せ」をする方法をご紹介いたします。

ふくらはぎの筋肉をなるべく使わないことで「ふくらはぎ足痩せ」をするポピュラーな方法として「ボトックス注射」があります。

「ボトックス注射」は、シワ治療として知られていますが、これは筋肉収縮によって引き起こされるシワに対して、ボトックスを注入することで筋肉の働きを抑制することによって表情シワを出にくくするのです。

これと同じ原理をふくらはぎに対して行うことによって、ふくらはぎの筋肉の動きを制限し、筋肉を細くする方法でふくらはぎの筋肉を衰えさせて「ふくらはぎ足痩せ」するのが「ボトックス注射」による方法です。

わざわざ「ボトックス注射」をしなににせよ、ふくらはぎを細くするには脚の筋肉をなるべく使わないようにして、筋肉を衰えさせればいいことになります。(健康的であるかは別として)

その他には「筋肉退縮術」という施術による方法もあります。
手術内容としては筋肉につながる神経を選択的に切るという術式になります。
手術によって筋肉を退化させ、筋肉の厚さを薄くする事により筋肉は細くなります。そのことによって細くスラリとしたキレイなふくらはぎにするのです。

でも手術をすることには抵抗がありますよね。
個人的には、やはり足痩せマッサージ(リンパマッサージ)によってふくらはぎの足痩せにチャレンジすることをおすすめしたいです。

足痩せマッサージ(リンパマッサージ)は難しい方法ではありませんので、1日10分でもいいですから日課として習慣付ければ「ふくらはぎ足痩せ」を実現できますよ。




posted by 今年こそ足痩せ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ふくらはぎの足痩せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

ふくらはぎ足痩せ 2

前回の記事で、ふくらはぎを足痩せするには二つのアプローチの仕方があります、と書きましたが、今回の記事では筋肉をある程度使うことによって、「ふくらはぎ足痩せ」をする方法をご紹介したいと思います。

筋肉を使うことによってふくらはぎを細くするというと、逆に太くなってしまうのではないかと考えがちですが、例えばスポーツ選手のことを考えてみてください。

女子のスポーツ選手の中には、結構激しい運動をしているのに、スラリとした美脚の持ち主である方がいらっしゃいますよね。

シンクロナイズドスイミングの選手の脚を思い浮かべてみて下さい。彼女たちは美しい脚の持ち主ですよね。シンクロの選手はO脚やX脚にならないように、骨の周りに筋肉が均等に付くようなトレーニングをたくさんして、あの脚線美を作り保っているのです。

また、女子マラソン選手の脚を思い浮かべて見て下さい。彼女たちの脚も、長距離を走るのにふくらはぎはキュッと細くしまっていますよね。
彼女たちの脚は、長距離を走るために遅筋と呼ばれている持久力系の筋肉を、長距離を走ることによって鍛えています。その結果、キュッとしまったふくらはぎになっているのです。

したがって、ふくらはぎを痩せるためには、持久力系の筋肉を鍛えるエクササイズをすれば良いということになります。

かといって、何もマラソンのように長距離を走らなければいけないということではありませんので安心してください。
ゆっくり時間をかけてふくらはぎの持久力系の筋肉に負荷をあたえる運動であればOKです。
短時間に負荷を大きくかけてしまう運動は、逆に筋肉を太くするのでふくらはぎが太くなってしまうので、注意をしてくださいね。

ふくらはぎの持久力系の筋肉を鍛える運動としては、身近な方法として縄跳びや階段の上り下りがあります。
体力が落ちている方は、最初はちょっとキツイと思いますが、少しずつ時間や量を増やすことで続けてやるようにしてみてください。

脚のふくらはぎに限らず、痩せるにはまずは筋肉をつけ、それから脂肪を燃焼させて痩せていくと言うのが基本です。
運動で痩せるのはちょっとしんどいところもあるのですが、健康にも良いですので、ふくらはぎ足痩せを実現させつつ健康回復にもなり、運動をすると新陳代謝もよくなりお肌もキレイになるので、是非トライしてみてください。




posted by 今年こそ足痩せ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ふくらはぎの足痩せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太ももダイエット方法

太もものダイエット方法としては、自宅で自分で簡単にできるものとして「リンパマッージ」があります。

リンパマッサージは小顔マッサージとして取り入れている方も多いのではないでしょうか。
当サイトの別のページでも取り上げていますが、リンパマッサージは「ふくらはぎダイエット」にも有効です。

リンパマッサージが太ももダイエットにどのように効果をもたらすのかというと、体内に蓄積されている老廃物や毒素、脂肪をリンパ液に流して排泄することによって太ももを細くします。
つまり「リンパマッサージ」によりデトックスを行うということです。

太ももが太くなる原因となっているセルライトは、むくみによる可能性が大く、まずはそのむくみを解消する必要があります。

以下に太もものむくみを解消する「リンパマッサージ」をご紹介しますので、是非トライしてみてください。

1.足の指の付け根部分から足首に向かって指を使って軽いタッチでマッサージします。

2.次に、ふくらはぎから膝にむかって、さするように下から上へと優しくマッサージします。

3.次は、膝の裏を円を描くようにマッサージします。膝の裏にはリンパ節があります。ですから、膝の裏を優しくほぐし、指の付け根から流されてきたリンパが膝裏まで流れるようにイメージしながらやりましょう。

4.太ももの外側を膝からお尻の横側へと、下から上に向かって軽くさすります。

5.次に、太ももの前面を内側から外側へと向かって軽くさすります。

6.最後に、太ももの後面を後側から外側へと向かって軽くさすります。

以上の行程で5回ほど繰り返して行ってみてください。

お風呂に入ったときに湯船につかりながらなってみてもいいですね。

リンパには「リンパ管」「リンパ液」の総称です。
リンパ液は老廃物や毒素や余分な水分を運ぶ働きをしています。このリンパ液の流れが悪くなると体内に老廃物や毒素などが蓄積され、結果としてむくみを招いたり体調不良の原因になります。

脚全体のリンパの流れを良くして、太ももはもちろんのこと、ふくらはぎも細くして、せひ美脚を実現してくださいね。

それと、リンパマッーサージと一緒に取り入れて欲しいのが、
ちょっとした運動による「太もも引き締め」です。

ちょっとした運動とは、階段の上り下りの繰り返しです

例えば、通勤途中の駅のエスカレーターを階段に変えてみるとか、会社ではエレベーターを使うのを止めて階段でにしてみるとかでOKです。

改まって運動しなくても、こういう方法ですと簡単ではないでしょうか。
日常のエスカレーターやエレベーターを利用する際に、階段にしてみるだけでOKですので、ぜひこれも取り入れてみてくださいね。

階段を上り下りする際には、使っている筋肉を意識してみて下さい。
アスリートの人たちも筋肉を鍛える際には、鍛えている筋肉を意識しつつ行っているのですが、それはより効果的だからなんです。
太ももダイエットも一緒です。筋肉を意識してみてやってくださいね。




posted by 今年こそ足痩せ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 太ももの足痩せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

「ツボ」マッサージで足痩せ!

足痩せマッサージとしては「リンパマッサージ」が主流ですが、「ツボマッサージ」による足痩せマッサージもあります。

「リンパマッサージ」が西洋式とするのなら、「ツボマッサージ」は東洋式の足痩せマッサージ方法と言えますね。

どちらも、足痩せ&美脚ダイエットには効果的ですので、自分に合っている方をやってみてください。

あるいは、両方やっても良いですね。

最初にツボを刺激して、その後にリンパマッサージをする。
今日はツボマッサージをして、明日はリンパマッサージをするなど、
臨機応変に自分のやり方でやってみてください。

それでは、足痩せ&美脚ダイエットのための「足つぼマッサージ」方法を以下にご紹介いたします。

●まずは、「ツボの刺激の仕方」を覚えましょう。
1.親指、または人差し指の腹でツボを強く押します。
2.ゆっくり押しつづけて20秒ほどそのまま押さえています。
3.その後ゆっくり指を離します。

以上のようにとても簡単です。

●では、次に足痩せに効くツボの場所です。

A.お尻のふくらみの真下にあるツボ・承扶(しょうふ)。
このツボは、太ももやヒップの引き締め効果があります。

B.ひざの内側の延長線上、指3本分のところにあるツボで・血海(けっかい)。
このツボは、ふくらはぎのむくみを取る効果があります。またホルモンバランスの調整にも効果があります。

C.足の親指と人差し指の付け根から指2本分のところにあるツボ・太衝(たいしょう)。
このツボは、肝機能を高め効果があり、下半身のむくみを解消します。また食欲の調整効果もあります。

D.内くるぶしの上、約6センチのところにあるツボ・三陰交(さんいんこう)。
このツボは、内臓の働きの調整とホルモンの分泌の調整をし、むくみ解消効果があります。

E.両腕を真下におろした時に、手の中指の先があたる場所のツボ・風市(ふうし)。
このツボは、胆汁を出して脂肪分解をうながし、また胃酸を抑えるので食欲を抑制する効果があります。


以上が、足痩せ&美脚ダイエットに効果がある代表的な「ツボ」の箇所となります。
どうぞ、参考にして足痩せに役立ててくださいね。

ツボを刺激するときの注意点としては、ツボの刺激のしすぎをしないようにしてください。
何事もやりすぎは禁物です。適度にやりましょう。




posted by 今年こそ足痩せ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 足痩せダイエットに効くツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太ももを細くする自転車の乗り方

自転車をこぐと、太ももやふくらはぎが鍛えられて筋肉がつき、逆に太くなるのでは? と思う方もいらっしゃのと思いますが、大丈夫です。

だって、競輪選手の太ももってすごく太いですよね? と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、彼らが行っているトレーニングは多大な負荷をかけることによって鍛えているので、尋常じゃない筋肉の発達をするのです。

ですから、私たち普通の人が普通に自転車に乗っても彼らのようになることはありませんので、ご安心ください。

さて、足を細くする(太ももを細くする)自転車の乗り方ですが、いわゆるママチャリのような自転車でもよいのですが、可能でしたらスポーツ自転車のようなギアのついている自転車の方がより効果でです。

なぜなら、ギアチェンジによってギア調整できるからです。

「太ももを細くする自転車の乗り方」ですが、何か特殊な乗り方をするわけではなく、自転車のペタルをこいでいて、快適に思うギアの重さより、一つか二つほど軽いギアにします。

軽いギアにすると、抵抗が少なくなり、くるくる回る感じになるのですが、この軽い感じでペダルをこぎます。

この状態で1回30分以上自転車に乗ります。
毎日やる必要はなく、週に2回ほどでOKです。
これで3ヶ月ほど継続してやっていると、太ももが引き締しまり2〜3センチ位は細くなります。

スポーツジムへ通っている方は、ジムのバイクでやっても良いですね。

また、自転車は30分以上こぐことで有酸素運動にもなりますので、健康全般にもとても良いです。
心肺機能が向上し、運動によって消化器系の働きも良くなります。

ただし、元々筋肉で太ももが太い方は、この自転車による太もも引き締め方法は不向きですのでご注意下さい。
太ももにさらに筋肉がついて太くなってしまいます。




posted by 今年こそ足痩せ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車で太ももダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは「脂肪太り」「水太り」「筋肉太り」?

足太りに種類があるのをご存知ですか?

足痩せをするには、各々の足の太り方に適したやり方があれます。
まずは、自分がどの足太りをしているのかを知りましょう

大きく分けて足が太りには次の3種類があります。

「脂肪太り」「水太り」「筋肉太り」です。

【脂肪太り】
脂肪太りの方は、太ももなどを指でつまむことができます。
また膝の周りにも脂肪の肉がついています。
太ももの裏に肉がついていて、筋肉のように固く感じるけれど、筋肉のような筋がないなどの特徴があります。

足の「脂肪太り」の解消法としては、まずは食べ過ぎないこと、そして適度な運動です。
太ももを動かす運動をして適度な負荷を与えます。簡単な運動としてはスクワットなどがあります。
スクワットは広い場所も必要なく、自宅で簡単にできますので、暇な時間をみつけてやるようにしましょう。
最初は20回〜50回と少ない回数からはじめてOKです。カラダがなれたら少しずつ回数を増やしていきましょう。

また、ストレッチやマッサージなどをして脂肪を柔かくすることで、脂肪を落ちやすくしてあげてください。
スクワットをした後に、クールダウンしながらストレッチやマッサージをやると良いでしょう。


【水太り】
約7割の女性の方は、この「水太り」による足太りで悩んでいると言われています。
女性はどうしても男性に比べて筋肉が少ないので、リンパの流れが悪くなりやすく、むくみやすいのが原因です。
特に運動をしたり、長時間歩いたりしなくても、足がだるくなったりします。
自分の足が「水太り」しているかどうかの判断方法としては、太ももをちょっと押してみます。
押した箇所が、白くなって元に戻りにくい状態ですと、それは水太りのサインです。
また、朝に起きた時点で足がむくんだままの状態だとしたら、それも水太りです。

足の「水太り」の解消法としては、原因となっている血行不良やリンパの流れの不良を正してあげます。
筋肉に沿ってリンパマッサージ(特に膝の内側)をしてあげましょう。また、当サイトの足痩せマッサージ(リンパマッサージ)や、太ももダイエット方法をやってみてください。

また、マッサージの他にも適度な運動での刺激も大切ですから、ウォーキングなどをして歩くようにしましょう。
筋肉を使わないでいると血行不良になりやすいですので、なるべく歩いて脚を使うようにしましょう。

【筋肉太り】
過去に何かしかのスポーツをしていて脚に筋肉がついた人は、スポーツを辞めても筋肉がついたままで、そのことによって足の「筋肉太り」となっています。
筋肉太りの方は、残念ながら食事を減らすなどしてもあまり効果はありません。
「筋肉太り」の見分け方としては、足を太くしている筋肉が硬く、筋肉であるらに力が弱く、力を入れても筋肉の動きがあまり見えないなどの特徴があります。

足の「筋肉太り」の解消法としては、この硬く力のない筋肉を本来の筋肉に戻してあげることからはじめます。
スクワット、ウォーキング、自転車のペダルこぎ、なんでもよいですので運動をしましょう。大きな負荷がかかるハードな運動ではなく、緩やかな運動をして、萎縮によって硬くなっている筋肉を柔かくします。
柔かくなった筋肉は運動によって代謝もアップし足痩せへと向かいます。




ラベル:足太り 脚太り
posted by 今年こそ足痩せ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 足太りの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。